”いいもの”紹介ブログ

ねむ森

ガジェットレビュー

MX Master 2SとMX Anywhere S2を徹底比較!検証して分かったこと

更新日:

マウス比較

MX Master 2SとMX Anywhere 2S

兵藤夏月です。

今回はロジクールのマウスMX Master 2SMX Anywhere S2を比較していきたいと思います。

細かい使い心地などは下記リンクからレビュー記事に飛べます。

MX Master 2S

MX Anywhere S2

 

MX Master 2SMX Anywhere 2Sの比較ポイントまとめ

 

MX Master 2S MX Anywhere 2S
大きさ(長さ×幅×高さ) 126×85.7×48.4㎜ 100.3×61.6×34.4㎜
重量 145g 106g
センサー Darkfieldレーザーセンサー Darkfieldレーザーセンサー
DPI 200DPI~4000DPI 200DPI~4000DPI
ボタン数 5個 6個
ジェスチャボタン 左側親指付近 ホイール手前
バッテリー持続時間 最長70日(使用状況による) 最長70日(使用状況による)
バッテリーインジゲーター あり(3つ) なし
電池 充電式Li-Po (500mAh) 充電式Li-Po (500mAh)

 

マウス比較

上から見たマウス比較

・大きさ

MX Master 2Sはジェスチャボタン内蔵の親指を置くでっぱりがある分幅があります。

MX Anywhere 2Sは左右対称の形状をしています。

マウス比較

前から見たマウス比較

・重量

MX Anywhere 2Sの106gに比べてMX Master 2Sは少し重いかもしれませんが実際に使ってみるとあまり差は感じない程度です。

マウス比較

横から見た比較画像

・ボタン数

MX Anywhere 2Sはホイールを左右に倒すことで進むと戻るができ、7個となってますが、ジェスチャボタンを抜いて実質4個。

MX Master 2Sはサムホイールを左側に搭載しているのでホイール回転切替ボタンとジェスチャボタンを抜くと同じく4個になります。

口コミや評判をまとめてみた

MX Master 2S前面画像

マウスホイールと切替ボタンがあります

MX Master 2Sの良い口コミ悪い口コミ

マットな仕上がりで触り心地がいい

操作性もヌルヌル動いて非常にいい

同社のBluetoothキーボードを使っている場合DOULINK 機能が使える(公式には記載されていない)

サイドのスクロールが適度な力でヌルヌル動くため使いやすい

ホイールの回転が少しぐらぐらと遊びがあって安っぽい

欧米用に作られているためか少し大きい

指が届かなくてホイールがスムーズに動かしにくい

MX Anywhere 2正面

マウスホイール付近画像充電ケーブル差込口もここ

MX Anywhere 2Sの良い口コミ悪い口コミ

小さすぎずコンパクトで適度な重さで操作が確実になる

余計なボタンが指の当たるところについていない

BluetoothMac mini 2018USB3と干渉 する

Bootcampで動かしたWindowsだと接続ができない

ホイールの高速回転が回りすぎて思ったところで止まらない

マウス比較

手元から見た比較

 

MX Master 2S、MX Anywhere 2Sはこんな人におすすめ

 ハイエンドなマウスならMX Master 2S

多少大きいものの、マットに仕上げた表面は握り心地がよく

従来のホイールに加えてサムホイールも搭載しているため多機能。

重量もそこそこあるので操作性がよく安定したタイプと言えます。

ロジクール製ワイヤレスマウス

コンパクトなマウスならMX Anywhere 2S

コンパクトかつ小さすぎない大きさで使い勝手がいいモデル。

ジェスチャボタンとFLOW機能を搭載してこのコンパクトさと価格でコスパはいいと言えるのではないでしょうか。

 

いかがだったでしょうか?

どちらのマウスもFlow機能とジェスチャボタンを搭載し3台までコンピュータを登録して使い分けれる点やバッテリーの持続時間の長さがいいマウスです。

この記事を参考にして自分に合っている方はどちらかの判断材料にしていただけたらなと思います。

この他にも色々なガジェットをご紹介しているので気になる方は他の記事もぜひご覧ください!!

-ガジェットレビュー
-, , , , , ,

Copyright© ねむ森 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.